1. 無料アクセス解析
全力プラモっ!~キクイチのガンプラ制作。たまに動画でプラモ製作お伝えしてます~
動画を交えてガンプラの塗装やスジ彫りなどの制作風景を丸出しブログ

RGガンダムの作成マニュアルを作成しました。


初心者向けに、超気楽に作っても満足できる出来栄えになるのRG(リアルグレード)の作り方を"文字"、"写真"、そして"動画"を使って紹介したPDFファイルを用意しました。
無料ダウンロード版となっています。

ガンプラ作りの楽しさが伝われば幸いです。
総ページ25ページ、ファイルサイズ125MB
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
2014年4月1日から 全力プラモ は新サイトに移りました!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
全力プラモ


全力プラモLiveはGoogle+ハングアウトで毎週金曜日21時から配信中。全力プラモっGoogle+ページはコチラ

■良かったーと思ったらクリックしてくれると嬉しいでス■

ガンプラランキング

HGUC GM QUEL 仕上げ(最終回)
さて、ボディの塗装も終わりいよいよ最終段階の
工程です。

この最終段階では次の事を行います。

・スミ入れ
・汚し表現
・ダメージ表現
・トップコート
・装飾施し

既に気がつかれている方もいるかもしれませんが
既にGM QUELは完成しておりましたw
quel完成




11月20日~22日の3日間で一気に仕上げたのです。
工程が多くて、ブログには分割して工程をアップしています。

さて、ここでこの作品の全体の工程です。
今回の作品は次の順番で行いました。

1、説明書通りにパチ組みで仮組み
2、モデルを眺めて色とか、後ハメ加工する所、合わせ目処理をする所等をチェック
3、接着、合わせ目処理
4、後ハメ加工(今回は腕部分)
5、ベースホワイトで下地塗装
6、表面塗装
7、デカール貼り
8、スミ入れ
9、汚し表現
10、ダメージ表現
11、つや消しクリアでトップコート
12、装飾物の取り付け(接着)

前回は6の表面塗装まで終わったので
今回は7デカール貼りから、ラストまでです。



7、デカール貼り
えー、作業的に特別な事はしていません。
しいて言えば、今回はサードパーティーメーカーのホワイトデカールやガンダムデカールを多用しました。

そして、デカールカラーはホワイトに統一(一部アクセントで赤とか使っています)

デカールを貼る位置については気を使いました。

多角的だったり、立体が絡み合っている
いわゆる「情報が多い」部分にはあまり貼らないように
そして、足の下の方、そして胸部に多めに貼ってしっかりデカールが少し主張するような感じにしました。

ある程度デカールを貼ったら、組み立ててバランスをチェック。
デカール確認1
デカール確認2
デカール確認3
デカール確認4
いろいろなポーズを付けて
不足や、寂しい部分があったらデカールを追加してやります。


この辺のセンスは個人個人のセンスなので、物足りない人もいるでしょうし、これでもウルサク感じる人もいるでしょうね。

貼り方は、ガンダムデカールの裏面に書いてあるように水(ぬるま湯)で貼っただけです。
デカールを固定できるマークセッターは今回使いませんでした。

ただ、こうして貼っただけではモデルを触っているウチに、ポロポロとデカールが剥がれてしまうので
後の工程で出てくるトップコートで剥がれなくしてやります。

動画は録画したのですが、とりたてて面白くないので”カット”です。


8、スミ入れ


今回、エナメル塗料でスミ入れを行いました。

なぜ?

それは、ガンダムマーカーのスミイレペンを使うより早く綺麗に仕上がるからです。

色はガンメタル+黒でグレーっぽい色にしていたのですが
どんどん黒を足してゆき、最後は殆ど”黒色”です。

なぜ黒にしたのか?

この作品はストップモーションアニメ用のモデルなので
色のコントラストをハッキリさせておかないと
「全然、写らない」かもしれない
と思ったからです。

女優さんが、目鼻立ちをくっきりさせるお化粧をするのと同じですね。



9、汚し表現

スミ入れと同じ、エナメルの黒でサササーと汚しを入れました。
汚れも、予定よりちょっと強めにしました。

理由はスミ入れの色を黒にしたのと同じです。


エナメル溶剤はプラを侵して破壊してしまう
とよく聞きます。

しかし、プラに直に溶剤を着けると という事らしいです。

ラッカー塗装とか、アクリル塗装をした上からであれば問題なさそうです。

とは言っても、用心には用心をして
ふき取りにはエナメル溶剤ではなく、ライターオイルを使いました。

必要であれば、デカール部分にもちょこっと汚しを施します。
デカールだけ”ピッカピカ”っておかしいですものね。



10、ダメージ表現

デザインナイフで「シャ、シャ、シャ」という感じで軽く入れました。
下地のベースホワイトが出てくるので、それ以上深くは
削り込みしませんでした。


ダメージ表現
こんな感じでダメージ表現を施しました。
削った部分の周りに汚し処理をすると
すごく説得力が出てきます。


このダメージ表現は殆ど目立ちません。

また、装甲がいろんな所に接触して軽いダメージを受けるだろうと
想像して、ボディの外環を中心にエッジにもナイフで軽く削りをしました。



11、トップコート

ここまで仕上げ処理をして、トップコートを吹いて
塗膜を作ってあげます。

今回トップコートは水性ホビーカラーのつや消しクリアを選択しました。

トップコートをする理由は・・・

・デカールの剥がれを抑える
・表面のテカリを無くして、全体のトーンを整える

そして俺自身がつや消し仕上げが好きなのです。


ただし、顔のカメラやバーニアなど
ツヤツヤにしておきたい部分には吹き付けません。

こちらは、光沢のクリアを吹いてあげます。
(クリアパーツに光沢クリアを吹いてあげるとホントによりツヤツヤになります。おすすめ)


12、装飾物の取り付け

今回は、キットのパーツ以外で
肩アーマー部分に100円ショップで見つけたアクセサリー用の金色のビーズを瞬間接着剤でつけました。

また、顔のカメラの内部にはこれまた100円ショップで見つけた装飾用のキラキラしたシールを貼って輝きを倍増させました。


これで完成です。


最初は面白くないモデルになりそうだな~。
と思っていたのですが
塗装して、デカールを貼って最終的に見てみると
なかなかどうして想像していたより、いい感じに出来たので嬉しいです。

ディティールアップパーツの使い方が
ただ、安易に貼り付けただけなのでもっとなんとかしたいなぁと思います。

あと、スミ入れの時に気が付いたのですが
要所要所にスジ彫りをシッカリ入れておいた方が絶対にいい。
と思いました。(今回できなかった)

HGUC GM QUELいかがだったでしょうか?
一時はゴールが見えず製作意欲が無くなったのですが
ストップモーションアニメを作ることで意欲復活した作品。

思い入れの無かったQUELですが、こうして終わってみると
一番思いいれの深い作品に変わっていました。

最後に、写真はガンダム屋.netとmixiフォトギャラリーに掲載しておきました。
ガンダム屋.net

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
2014年4月1日から 全力プラモ は新サイトに移りました!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
全力プラモ


全力プラモLiveはGoogle+ハングアウトで毎週金曜日21時から配信中。全力プラモっGoogle+ページはコチラ

■良かったーと思ったらクリックしてくれると嬉しいでス■

ガンプラランキング

スポンサーサイト

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

HGUC GM QUEL 表面塗装です。
前回までは下地のベースホワイトを吹き付けていましたが
そのままの勢いで表面を塗っていきます。

■主なカラーは

装甲:スマルトブルー
胸部等:ブラックグレー 50%+ ライトグレー 50%
間接、手など:ブラックグレー、ダークグレー(筆塗り)
バーニア:クロムシルバー

と、調色は殆どなく
市販されている色をそのまま使用しました。



■塗装プラン

色分けする部分はマスキングがめんどくさいので
最初にエアブラシでラッカー系の塗装をおこない
上から筆塗りで”タミヤカラー”又は”水性ホビーカラー”で重ね塗り。

ここで
クレオスとタミヤの塗料について。

最初は自分も、ラッカー系?アクリル系?
塗料のラベルをみるとどちらもアクリルって書いてある・・・?????
と混乱しました。

自分の頭の整理も兼ねて、書いておこうと思います

ラッカー系といわれるのはクレオスのmrカラー
MRカラー


水性アクリル系といわれるのが、タミヤカラーとクレオスの水性ホビーカラー
(水で薄める事ができるらしいですが水を使った事はありません・・・)
水性ホビーカラー
タミヤカラー


エナメル系と言われるのがタミヤのエナメルって
これはビンも違うしわかり易いですよね。
エナメル


そんじゃ、どれでも重ね塗りOKなの?
というとそーでもないらしいです。
(らしいというのは、自分で全て試して確認していないから)

塗膜が強いのはラッカー系のMRカラー
次に強いのが水性アクリル系

一番弱いのがエナメル系。


つまりラッカー系の上には水性アクリルやエナメルを塗っても問題なし
逆に水性アクリルの上にラッカーを塗ると・・・・

塗るとどーなるんでしょう?

怖くてやったことありませんw

この、塗料の弱肉強食を間に捕らえて

ラッカーの上に筆で水性アクリルを塗って仕上げよう!
はみ出したら溶剤で簡単にふき取れるだろう!

と浅はかに考えたのでした。

これが大間違い!!

水性アクリル溶剤ではみ出したトコロをふき取ろうとしたら・・・




結局、失敗部分はラッカーから塗りなおし。
はみ出して塗っちゃイカンということですね。

もしくはマスキングしろという事ですね。

(ちょいとしたはみ出しであれば、はみ出しの上にラッカー系でリタッチで
目立たなくなると思います)



■塗料の濃度(エアブラシ編、筆塗り編)

今回結構苦労して、そして失敗もしちゃったのが”濃度”です。


エアブラシの場合・・・・

本や雑誌などには塗料の2~3倍薄めるとありますが
ちょいと濃いかもしれません。
ツブツブになって吹きついちゃいました。

3.5倍くらい薄めると俺の場合は丁度いいかもしれない。
薄めると重ね塗の回数は増えるけど乾きが早いし。
失敗してもいきなり大ダメージは受けないから。


筆塗の場合・・・・

塗料の10%~20%くらいかな?
一概には言えません。

黒っぽい色の塗料は最初から粘度が高いので
塗りやすい濃さにするには、もうちょっと溶剤を追加しないとダメっぽいですし。


エアブラシも筆塗もどちらにも言えますが
一度、パーツを切り出して後は捨てるだけのランナーとかプラ版とかに
塗って確認してから、モデルの塗装を始めた方がいいです。

ちなみにエナメルは、失敗しても
ライターオイルを染み込ませた綿棒で簡単にふき取れました。

そうそう、今回の塗装の一番の功労者は
クレオスの極細の面相筆「Mr,BRUSH ROUND No.20/0 MB09」でした。
コイツがなければ、細かい所の塗分けとか絶対できなかったデス。
めちゃくちゃ活躍してもらいました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
2014年4月1日から 全力プラモ は新サイトに移りました!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
全力プラモ


全力プラモLiveはGoogle+ハングアウトで毎週金曜日21時から配信中。全力プラモっGoogle+ページはコチラ

■良かったーと思ったらクリックしてくれると嬉しいでス■

ガンプラランキング

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

HGUC GM QUEL エアブラシ塗装
さて、エアブラシをプロコンSQに変えて
順調に塗装しています。



4~5回以上重ね塗りを繰り返します。
なので手間(時間)がかかります。

時間短縮する為に
缶スプレータイプのベースホワイト1000を使って
塗装してみました。

缶は噴霧力が強く、塗料も濃いので
3回重ねくらいでシッカリ塗装できます。

しかし大雑把になりやすくて、塗り残しが多数でちゃいました。

仕上がりはエアブラシと変わらないか
ちょい厚めな感じです。

時間が惜しい場合は使うのはありだと思いますが
1/144スケールモデルでは、厚すぎてボッテリ感がでちゃってるかな?

そして、缶を使うと
塗装ブースを使っていても、吸い込みきれず
部屋に霧がバックオーライです。
缶で吹いたら

仕上がり重視ならエアブラシ。
スピード重視なら缶
と使い分けようと思います。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
2014年4月1日から 全力プラモ は新サイトに移りました!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
全力プラモ


全力プラモLiveはGoogle+ハングアウトで毎週金曜日21時から配信中。全力プラモっGoogle+ページはコチラ

■良かったーと思ったらクリックしてくれると嬉しいでス■

ガンプラランキング

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

激安エアブラシセットは使えるか?結果報告
前回、ものの見事に塗装を失敗をして
その原因が「塗装の濃度」であるとあたりをつけました。

薄くして、再チャレンジをしてみたのですが
今度は薄すぎてまったく塗料が乗らない
という事態になりました。

薄すぎる・・・・・。

これはおかしい

もう1つの検証ポイントは

そう、エアブラシの精密度です。
激安のエアブラシですから、疑ってみても当然です。

そこで、急遽
クレオスのプロコン SQを用意しました。

これを使って、うまく吹ける濃度に塗料を調整して
激安エアブラシで同じ濃度の塗料を使って吹いてみました。



しかし・・・・・結果は動画の中で言っていますが
激安エアブラシではうまくふけませんでした。

俺の結論は
エアブラシが悪い!!です

だってプロコンで吹いたパーツはこの通り
プロコンで吹いたパーツ
まぁ、悪くはないでしょ?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
2014年4月1日から 全力プラモ は新サイトに移りました!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
全力プラモ


全力プラモLiveはGoogle+ハングアウトで毎週金曜日21時から配信中。全力プラモっGoogle+ページはコチラ

■良かったーと思ったらクリックしてくれると嬉しいでス■

ガンプラランキング

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

オークションの激安コンプレッサーやエアブラシは使える?
エアブラシを使って塗装をはじめます。

機材の紹介です。

ミニエアコンプレッサー:1,400円
エアブラシ+レギュレーターセット:2,655円
どちらもYahooオークションで購入。
送料に1500円くらいかかりました。

なにより、この激安なエアコンプレッサーが
使えるのか?

このコンプレッサーです

いろいろNETで検索かけてみたのですが
情報を取ることができなくて、自分で試そう!
と思い。オークションで落札してみました。

果たして1400円のエアコンプレッサーや
2000円程度のエアブラシはガンプラに通用するのでしょうか?

では

塗装前準備から、塗装開始までをご覧ください。



このエアコンプレッサーの圧力ですが・・・・
確か0.1MPaくらいだったかもしれません。

どこかのサイトで見たような気がします。

動画の中で、レギュレーターのメーターが動かない
と言っていますが
メーターは0.1~1.0Mpsなので、レギュレーターの出力が0.1Mpaであれば
動かなくて当然ですよね。

ちなみに、以前エアブラシでガンプラ塗装していたときは
0.03MPaくらいで塗装していました。

さて、動画では記録されていませんが
この後 2つのパーツにも吹き付けてみましたが
きれいに吹き付けられず失敗をしてしまいます。

塗装失敗
左は動画にも写っていた一番最初に塗装したパーツです。
ちょい厚め?な感じですが、自分では合格ラインです。

エアブラシ設定はそのままで右のパーツに塗装したのですが
ごらんの結果となりました。

塗料が薄いのではなく、途中で塗装をやめたので
全体に色がついていません。

止めた理由は、
「塗料が噴出してこない」
「噴出したと思ったら、ブシュ!と飛沫がかかる」
からです。

塗料の濃度は結構薄めた(サラサラという感じ)ので
この時点でエアブラシの性能を疑いました。

一度、エアブラシを清掃しよう
そう思い、シンナーで掃除を開始したら・・・・・


次第に調子がよくなってくるエアブラシちゃん。
シンナー100%であれば綺麗に霧を吹いてくれるので

結論。

どーやら塗料が

まだ濃すぎた

ようなのです。

自分で思っている以上に薄くしないとダメっぽいですね。

という事は。

塗料の濃度さえ薄く調整すれば

この激安セットでも塗装が出来る!
という事になるかもしれません。

引き続き、このセットを使って塗装を行って
検証を続けて行きます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
2014年4月1日から 全力プラモ は新サイトに移りました!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
全力プラモ


全力プラモLiveはGoogle+ハングアウトで毎週金曜日21時から配信中。全力プラモっGoogle+ページはコチラ

■良かったーと思ったらクリックしてくれると嬉しいでス■

ガンプラランキング

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

ガンプラ
SEO対策:ガンプラ SEO対策:塗装 SEO対策:製作 SEO対策:ガンダム SEO対策:プラモデル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。